日本のクリスマス2018 クリスマスツリーに願い事?

キラキラクリスマス

もうすぐクリスマス。街中はキラッキラでクリスマス気分でいっぱいです。そんな風景を眺めながら、微妙な気分になるのはキリスト教徒にとっては「あるある」のひとつかもしれません。
広告やコマーシャルで「聖なる夜に◯◯」なんて言っているのを見たり聞いたりするたび、「なぜそこに”聖なる”をつけるのか意味がわからない……」なんて思ってしまったりします😅

スポンサーリンク

クリスマスツリーに願い事?

近くのショッピングセンターには大きなクリスマスツリーが飾られているのですが、今年は他にも小さなツリーが置かれています。そして、それにぶら下がっている物を見ると、なんと、願い事を書いたカードでした……🙄
ツリーの近くには小さなテーブルと白紙のカード、ペンが置かれ『願い事を書いてツリーにぶら下げましょう』と書かれたパネルがありました。

……。

……七夕じゃないんだから!ツリーに願い事なんて誰が思いついたのー😭

まるでクリスマスから外れたそのディスプレイに、思わず心の中で叫んでしまいました。

クリスマスは願い事が叶う日でもないし、恋人たちの日でもないし、某フライドチキンを食べる日でもないし…(以下省略)😅

教会のクリスマス

クリスマスをイベントとして楽しく過ごすのは良いですが、あまりにも本来のクリスマスの意味から外れていると、やっぱりカトリックの私は微妙な気分になります。クリスマスはキリスト教徒にとっては大切な日です。

日本の一般的なクリスマスは『サンタクロースの日』のようで、そこに宗教的な色合いはありません。キラキラのツリーとサンタクロースとトナカイ、そしてプレゼントの山、それが日本のクリスマスという感じです。

クリスマスのミサには「本格的なクリスマス」を体験したい、と言う信者でない方も多くいらっしゃいます。
教会のミサに信者でない方が来てくださるのは、とても嬉しいことですが、ちょっとマナーにも気をつけていただけると、もっと嬉しいです。
カトリックのお作法が分からないのは心配しなくても良いですが、撮影禁止のアナウンスがあるにもかかわらずミサ中にスマホで写真を撮ったり、おしゃべりが止まらない人たち、ベタベタしすぎるカップルには、ちょっと困ってしまいます💧

教会のミサはイベントではなく、クリスマスを祝う典礼(宗教的な行事)だということを、気に留めておいてくださるとありがたいです✨

週末はクリスマス一色

もうクリスマスまであとちょっと。今週末はクリスマスコンサートで歌うのに、まだ喉の調子はイマイチです💦
だいぶ良くなってきたので、あと少し無理をせずにコンディションを整えて当日を迎えたいところです。

一般的には今週末からクリスマスイブの24日が一番盛り上がるのかしら?と思います。教会では24日の夜から深夜にかけてミサがあり、翌日25日の朝にもミサがあります。
私は、土曜日以外のミサでは聖歌隊に参加していないので、クリスマスのミサでも聖歌隊では歌いません。深夜のミサで人数が足りなかったら参加しようかと思っていますが、今のところ人数は足りているようなので8時半からのミサが終わったら帰るか、他の教会のミサに行こうかと思っています。

25日は、半日休みをもらっているので、ミサに出てから仕事に行く予定です。
今週末はコンサートやミサでバタバタですが、ロザリオ作りも進めようと思っています✨

クリスマスが終わると、あっという間にお正月。1年が本当に早いです。

スポンサーリンク