宗教を楽しめる漫画「聖☆おにいさん」

神様をネタにした映画や漫画は、私にとってはとても興味深いもので、面白そうなものを見つけると、ついつい観たり読んだりします。大抵はコメディですが、私のお気に入りは「聖☆おにいさん」という漫画です。友人が「面白いよ」と貸してくれたのですが、宗教に興味のない人が読んでも面白い内容で、さらに「信者じゃなければ知らないよね」と思うマニアック気味な小ネタもあり、とても面白いです。

平和的で笑える漫画「聖☆おにいさん」

「聖☆おにいさん」はブッダとイエスが、地上でバケーションを過ごすという設定です。大人で倹約家のブッダ、ちょっと子供っぽくて天然気味なイエスが、立川のアパートに住んでいて、その日常生活の中で起こる出来事がコミカルに描かれています。神社のお祭りで、2人が御神輿を担いじゃったりして、笑えます。厳格なカトリックの信者さんには「たとえ漫画でもとんでもない!」と思うかも知れませんが、私は面白いなぁ、と思います。
宗教が違っても、他の宗教のお祭りを楽しんだり、寛容になる事が出来たらお互いに楽しいと思いますし、とても平和的ではないかと思います。

漫画の中では、聖書の中の出来事や登場人物がネタになっていて、寛容なキリスト教徒であれば爆笑間違いなしです。2人が着ているブッダお手製のTシャツに書かれた文字も、笑えるポイントです。使徒や大天使も登場して、それぞれのキャラクター設定がものすごく面白いです。聖書を知っているとさらに笑えます。仏教の知識もあればもっと面白いです。
キリスト教も仏教もマニアックな小ネタが登場するので、作者の方はとても宗教に詳しいのだなという印象です。

アニメ映画にもなっていたようで、先日「Amazonビデオで見られるよ」と友人が教えてくれたので、早速見てしまいました。漫画の雰囲気そのままに、なかなか楽しめました。仕事が終わってぐったりしていた私には、とてもリラックス出来る時間になりました。

映画も面白いですが、個人的にはマニアックな小ネタが楽しめる漫画がオススメです。