グレゴリオ聖歌 In paradisum

母が急逝し、この数日間はバタバタです。葬儀やその後のこと、行政の手続きなど、悲しむ暇などない忙しさです。
実家は仏教で、葬儀はすべて仏教式で行われました(当たり前と言えば、当たり前)

仏教式の葬儀では、カトリックの私は愛用しているヨブの涙のロザリオを、数珠の代わりに持ちました。若干、周囲の人たちが手にしている数珠とは違いますが、そこは仕方がありません。
おちついたら、仏教式の葬儀でも違和感なく持てるロザリオをデザインしようかとも思っています。

In paradisum 楽園へ グレゴリオ聖歌

カトリックの人が仏教式の葬儀に参列する時にどうすれば良いかなど、また後日記事にしようと思っていますが、今日は、レクイエムの中の好きな曲”In paradisum”を載せておきたいと思います。

レクイエムのミサの中の曲ではなく、棺を埋葬するときに歌われる曲のようですが、私の好きな曲です。

旅立った魂全てのために、祈りをこめて。

Gregorian Chant Antiphona in Paradisum

In paradisum

In paradisum deducant te Angeli :    
in tuo adventu suscipiant te Martyres,
et perducant te in civitatem sanctam Ierusalem.

Chorus Angelorum te suscipiat,
et cum Lazaro quondam paupere
aeternam habeas requiem.

天使たちがあなたを楽園へ導きますように
殉教者たちがあなたを迎えますように
そしてあなたを聖なる都エルサレムへ導きますように
天使たちのむれがあなたを出迎え
かの貧しかったラザロと共に
永遠の安息に導かれますように