カトリック初心者の日々 〜答唱詩篇を歌う〜

2018年1月11日

聖歌隊にもぐりこんで、1年半ほど、歌える典礼聖歌もちょっと増えてきました。
「歌うことは倍祈ることになる」と言うくらい、カトリック教会では聖歌が大切にされてきました。上手下手はさておき、みんなで歌うことで、心をひとつにして祈ることができます。
そして、聖歌隊のメンバーとして歌う場合は正確な音程で歌うことは必須です。(私は必死……、ですが💦 )

答唱詩篇デビュー

ミサの中で、「答唱詩篇」というものがあります。詩篇を歌うのですが、その際は先唱者が祭壇の朗読台に立ち先唱のパートを歌います。教会に行き始めた頃から、この先唱を歌う人はすごいなぁ、と思っていました。大勢の人の前に立って1人で歌うのは、私にはとても出来ないと思ったからです。

聖歌隊にもぐりこんだ後も、「そろそろ答唱歌ってみる?」と笑顔で聞かれるたびに「とんでもございません💦 」とかなり逃げ腰に遠慮させて頂いておりました。(前で歌うなんて考えただけで緊張する……)

……なのですが、聖歌隊にもぐりこんで1年ほど経ったある日、
『とうとう答唱を歌って頂かなくてはなりません……』
と指令が下りました。😱

その週の土曜日は、いつも答唱を歌っているメンバーが来られない、来られるかどうか分からないという状況……。
となると、「自信がないからヤダ!」なんて、ワガママを言っている場合ではありません😅
私は、覚悟を決めて(←おおげさ)「頑張ります」と返事をしました。多分、月曜日か火曜日でした。

それから毎日、私は仕事から帰ると家で典礼聖歌集を開いて練習の日々……。あまりに調子っぱずれになって「あんな調子っぱずれなのがいて聖歌隊は大丈夫なのか」と思われても大変です。
以前、小さな聖堂で朗読をしたことはありましたが、今回は大聖堂で、しかも歌うのです。それを想像しては「あぁ〜、ちゃんと歌えるかなぁ」と心配になる始末。詩篇の言葉はうっかりすると読み間違えたり噛んだりしそうです。

とうとうやってきた土曜日 緊張の答唱詩篇

さて、この答唱詩篇は、第1朗読の内容と関連していて、「朗読された神様の言葉を詩篇によって味わうもの」とあります。これは、ただ単に音を外さず歌えばよいと言うものではないと言う事です。
……とは言え、私は音を外さずに歌うだけで精一杯なので、せめて心をこめて歌う余裕があれば、と言うところですが💦
答唱詩篇は、答唱部分と詩篇部分で構成されています。歌い方は、まず先唱者が答唱部分を歌い1度それを聞いた後に会衆が答唱部分を歌います。その後、詩篇を先唱者が独唱します。それからまた答唱と詩篇が交互に歌われます。

たいてい、この詩篇の独唱者は歌い慣れた人が歌います。(時々、私のような初心者も……)

そんなこんなで、とうとう土曜がやってきました。ミサは夕方なのに、私は午後からそわそわと落ち着きませんでした。私にとって不特定多数の前で歌うのは学生時代の音楽のテスト以来です。
「えーっと、出て行くときのお作法は……」とか「どのタイミングで朗読台まで行くんだっけ?」と、頭の中でぐるぐると回るのです。お作法は朗読の時とほぼ同じと分かっていても、「何かやらかしそう……」なんて思ったり💧
当日は、少し早めに行って何度か練習し、リーダーの方からアドバイスを貰いました。もう、ここまで来ると「何とかなるさ」と思うしかありません😅

ミサが始まり「言葉の典礼」になると、朗読者と答唱担当者は内陣(祭壇のある所)に用意された場所で待機します。緊張していましたが、第1朗読に耳を傾けるよう努力……。けれど、「典礼聖歌集の印(歌う箇所の)はどこだったかな?」「最初の音をちゃんととれるかな?」など色々なことが、相変わらず頭をぐるぐるまわっていました。
そして、答唱詩篇になり朗読台の前に立ちました。前を見ると頭が真っ白になりそうだったので私の視線は楽譜に釘付け😅
オルガニストさんが最初の音を出してくれるので、その音を確認して歌い始めます。

……おぉ、なんとか最初の音はとれた。

あとは、落ち着いて詩篇の言葉をきちんと歌おうと思っていた以外は、あまり良く覚えていません。答唱詩篇を歌い終わって、「なんとか歌えた……」と思いながら席に戻りましたが、あとひとつ、第2朗読の後にアレルヤ唱が残っているので気は抜けません。このアレルヤ唱も答唱詩篇と同じように先唱部分は1人で歌わなければなりません。
なので、第2朗読に耳を傾けつつ、「アレルヤ唱は典礼聖歌集の楽譜を見るか、聖書と典礼の楽譜どちらを見ようか」などと考えてしまっていました。
そして、アレルヤ唱も楽譜に視線釘付けで何とか歌い終え、会衆席にそそくさと戻りました。

大きなミスはなく歌えました(……はず)が、全く心の余裕はありませんでした💦

土曜日のミサは人が少なめですが、人が多い日曜のミサで歌う人はやっぱりすごいなぁ、と思いました。

その後、何度か答唱を歌わせてもらっていますが、相変わらず余裕はありません。😓
「朗読された神様の言葉を詩篇によって味わう」ことを意識して歌えるようになるのはいつのことやら、と言う感じですが、緊張していてもそのことを心のどこかに持って歌えるようになりたいと思います✨