朝のミサで初めての先唱 やっぱり迷走してがっくり

うなだれる天使

嵐のようなクリスマスの週末が終わりました。ミサ続きで、3回目はアレルヤ唱を歌って、そそくさと退場してしまいました。

同じミサの3回目って「もう3回目だし……」って思っちゃうのですよねぇ😅

スポンサーリンク

朝はつらいよ 撃沈の予感

さて、今まで土曜の夕ミサのみで歌ってきましたが、このクリスマスからの週末は人員の都合で朝のミサでも歌うことになりました。

先唱も新年にかけて2度歌うことになり、朝ミサ先唱デビューです。

朝のミサはコロナ対策で分散形式なので9時と10時半の2回あって、2回歌います。「1回目でトチっても2回目でリベンジできる!」なんて……お気楽なことを思ったりして緊張感無し!な感じです。

が、土曜日よりもずっと人が多く雰囲気が違うので、実のところは、やっぱりちょっと緊張します。

私の一番の心配は、朝からちゃんと声が出るか?です。

訓練されたプロやセミプロの方の場合は、朝だろうが夕方だろうが、きっちりコンディションを整えられると思うのですが、ど素人の私は「朝は声が出ない〜」と苦戦することになります💦

ミサの前にしっかりと発声をする時間はないので(1回オルガニストさんと合わせるくらい)、家で少し発声とストレッチをしてから出かけたのですが、予想通り(?)撃沈することとなりました。

教会までの道のり雪まで降ってきて、芯まで冷える寒〜い朝、私の先唱も寒〜いことになりました😅

トホホな先唱、ライブ配信されちゃった?

さて、初めての朝のミサ、9時からの先唱。それほど緊張はしていなかったのですが、最初の1音で声が思うように出ず「あらら、"ミ"の音ハズしちゃったじゃないの」となりました。

出だしでしくじると、かなり残念な感じです😭

伴奏のオルガンとずれた音程は、気持ち悪くて「ひぃぃ〜、ハズした!完全にハズしてるぅ〜!」と言う気分になります。

「あ〜、この2小節戻れそうもない」と、誤魔化して歌い(バレバレですが💦)、後半で正しい音に戻せたのはせめてもの救い……。

詩篇とアレルヤはちゃんと歌えたものの、かなりトホホな気分になりました。

歌い終わってすごすごと席に戻ると、ライブ配信の映像を撮っているのが視界に入りました。

ひぃ!ヤダッ!今のライブ配信されてたの?😱

あの、ヨレヨレの先唱が配信されたのかと思うと、がっくりしてしまいました。

次の10時半のミサでは、声もちゃんと出て音を外すこともなく歌えたので、どうせならそっちを配信して欲しかったなぁ、な〜んて思ってしまいました。

失敗しても動揺しなくなったのは進歩?

先唱を歌い始めた頃は、歌うだけでも緊張していましたが、最近は音を外してしまっても、詩篇の歌う箇所を間違えても、パニックになったり動揺することは無くなったように感じます。

あっ!やっちゃった!💦

と、若干焦りはしますが、心臓が苔むしてしまったのか小さめの声でボソッと誤魔化して「どこで戻れるかなぁ、ブレスの後かな」なんて考えていたりします。図々しくなったのか、開き直ったのか……。

「私、間違えましたっけ?」と言う顔でしれっと戻りますが、それでも、歌が上手い神父様の時だと背後で『圧』を感じてしまったりします。

きっと音感が良い人なら途中でもスッと音を取り直せるのだと思いますが、苦手な音は何度も練習しないとダメな私は、それが上手くできません。無駄な抵抗をするよりは、戻れるタイミングですっきり戻ろう、となってしまいます。

新年も朝のミサで先唱を歌う日があるので、また声が出なくて音を外しちゃった!なんてことにならないように、少しでも鍛えておかねば、なんて思っています。

スポンサーリンク

カトリック

Posted by Francesca