Pardon Indulgence Crucifix(免償の十字架)のロザリオ

ロザリオパーツを注文する時に”Pardon Crucifix”と言う十字架を見つけ、一緒に購入してみました。細かい模様が美しく、割引価格になっていたからで、実はこの十字架がどんなものかよく知りませんでした。
よくよく、英文の解説を読んでみると、どうやら「免償」が得れる十字架らしきことが分かりました。

あまり日本語の解説を見つけられず、私のしょぼい英語力で訳したので、微妙な翻訳かも知れませんが、「免償の十字架」は以下のような物らしいです。

この免償の十字架は、1905年にピウス10世によって定められたもので、これを用いることにより免償を得ることが出来ます。また、1907年に現世に生きる人だけでなく、煉獄にある魂にも有効であると定められました。

  1. この十字架を身につける者は、免償を得ることができます。
  2. 信仰心を持ってこの十字架に接吻する者は、免償を得ることができます。
  3. 十字架の前で、「天におられる私たちの父よ、私たちが人を赦すように、私たちの罪をお赦し下さい」と唱えるか、「聖母マリアよ、私たちのために神に祈ってください」と唱える者は、そのたびごとに免償を得ることができます。
  4. この十字架を常に信心し、告解と聖体拝領の条件を満たす者は、次の祝日に全免償を得ることができるかもしれません。(主の五つの御傷の祝日、聖十字架発見の祝日、無原罪の御宿りの祝日、聖母の七つの悲しみの祝日)
  5. 死を迎えるとき、教会の秘跡によって強められた者、また秘跡を受けることができない場合であっても悔悛の心を持つ者は、この十字架にに接吻し、自分自身の罪の赦しを神に求め、隣人の罪を赦すなら、全免償を得ることができます。

十字架表面
十字形の上にはINRIにあたる言葉がラテン語で “Jesus Nazarenus Rex Judaeorum”と刻まれています。小文字がなかった古ラテン語はのJの代わりにIを、Uの代わりにV(Iesvs Nazarenvs Rex Ivdaeorvm)を使用していました。この言葉の意味は「ユダヤ人の王ナザレのイエス」です。

十字架裏面
横に”Father, forgive them.”(父よ、彼らを赦したまえ)、縦に”Behold this heart which has so loved men.”(人をかくも愛したまえるこの聖心(みこころ)を見よ)と刻まれています。十字の交差部には炎に燃えるイエス・キリストの聖心が浮き彫りにされ、聖心は荊(いばら)の冠を巻き付けて血を流しています。下部には”AUSPICE MARIAE”(ラテン語:マリアの庇護の下に)を表すモノグラム、”AM” が記されています。

細かいカットが入ったコロンとした楕円形のビーズは、淡く落ち着いたラベンダー色です。十字架の色に合わせたブロンズカラーの金具でアンティークな雰囲気を出しました。

作品詳細

SHOP URL: https://minne.com/items/11006753

作品名Pardon Indulgence Crucifix(免償の十字架)のロザリオ
素材ガラスビーズ 8 x 6mm
サイズ輪の長さ:約690mm / 全体の長さ:約500mm
十字架免償の十字架 約58mm x 38mm イタリア製
メダイ星とマリア様 約20x17mm イタリア製