グレゴリオ聖歌とロザリオと 日々のこと

ピンクのバラ

今日はグレゴリオ聖歌、レクイムの練習日でした。今年はずっとコンサートで歌う「聖霊降臨」の聖歌を練習してたので、久々のレクイエムです。記憶を呼び起こしながら歌うのですが、ついついラテン語を読み間違えたり音を外したり……。毎回間違えるところでは、やっぱり間違えてしまいます。月に一度の練習、お休みの月もあるので、練習を数回したらミサです。自主練しておかないと、また去年と同じところでずっこけそうです。

1年の早さを聖歌で感じる

何かと忙しく過ぎた5月。気づけば、もう6月で、もう1年の半分が過ぎてしまいまいた。11月に行われるレクイエムのミサに向けて練習をしていると、あっと言う間に、次はクリスマスのコンサートがやってきます。

……うーん、1年が早過ぎる💦

グレゴリオ聖歌を含め、ミサ曲や典礼聖歌は、その時期に歌われる聖歌が決まっています。なので、聖歌を歌いながら「あれ?もうこの歌の季節」と思うことがあります。そうして「またこの季節がやって来るなんて、なんて1年が早いんだろう」と思ってしまうのです。

特に、答唱詩篇などは「少し前に歌ったなぁ」と思っていると、それが1年前だったりします😅

グレゴリオ聖歌もあっという間に、またレクイエムとクリスマスコンサートがやってきそうです。(去年より進歩したい、と思う私……)

ロザリオ制作を振り返ってみる

そういえば、5月は、ロザリオ作品を一度しかアップしていないことに気がつきました。お直しやオーダーを頂いたロザリオを作っているうちに5月が終わっていた気がします。
今月は、もう少し作品をアップできたらいいな、と思っています✨
現在、白のスワロフスキービーズを使ったロザリオを制作中です。淡いアジサイ色のビーズをアクセントに、繊細でエレガントなロザリオになる予定です。ボディ付きの十字架ではなく、前回ご紹介した「聖公会のロザリオ」に使った、白いインフィニティクロスを使う予定なので、シンプルな十字架のロザリオがお好みの方や、ネックレスとして使いたい方にも良いのでは、と思います。

最近、教会でもロザリオをネックレスにしている人を時々見かけます。おそらく、信者さんではないと思うのですが、土曜日にも若い女性2人連れが、繊細な美しいロザリオをネックレスにしていました。

やっぱり、首に、かけちゃうよね😅

カトリックとは全く縁のない知人たちは「ロザリオってネックレスじゃなかったの?」と言うので、一般的な日本人には「首にかけるもの」と思われているようです。
教会の中ではちょっと違和感を感じてしまいますが、私は、信者さんでない人がアクセサリーとしてロザリオを身につけるのも良いと思っています。お守りに持ち歩いてくださると言う方もいらっしゃって、それもまた嬉しいことです✨

何だか、今日は雑多なことばかり書いてしまいましたが、たまにはこんな記事もいいかしら?