スワロフスキーのアンティーク調ロザリオ(ブルー)

アレキサンドライトという色のスワロフスキービーズを手にした時、ブロンズカラーのパーツを使って、アンティーク調のロザリオにしたいと思いました。
光源によって、クリアなブルーにも淡いラベンダーブルーにも見えるこのビーズには、シルバーやゴールドのピンよりも、ブロンズカラーのピンが似合う気がしました。「主の祈り」のパーツも、ビーズを使わずブロンズカラーの透かしパーツを使って、繊細でクラシックな雰囲気にしました。
センターピースはシンプルに、十字架は細かい模様が入った少し小ぶりのものを使っています。

ソロバンカットのこのビーズは、やや小ぶりで、光に当てるとキラキラと繊細な光を放ちます。金属のピンを使って作るときに破損しやすいので、通常より細めのピンを使ってビーズが破損しないように作ります。ロザリオとしての強度は落ちますが、とても繊細な仕上がりになります。丈夫なロザリオを使って気兼ねなくお祈りするのも良いですが、繊細な作りのロザリオを優しく使いながらお祈りするのも良いのではないかと思います。

作品詳細

Le Ruban(ル・リュバン)さんにて展示・販売中

作品名スワロフスキーのアンティーク調ロザリオ(ブルー)
素材スワロフルキー ソロバンカット 6mm / 透かしパーツ 16mm x 8mm
サイズ輪の長さ:約640mm / 体の長さ:約450mm
十字架ぶどう模様のクロス 約40mm x 25mm イタリア製
メダイ星とマリア様 約20x20mm イタリア製