グレゴリオ聖歌とカトリック聖歌 旋律が似た2つの曲

今日は、明日のコンサートの練習がありました。ちょうどキリストの聖体の祭日で、キリストの聖体をテーマにしたグレゴリオ聖歌を歌います。練習の後は所属教会でミサがあるので、前回の教訓(?)を生かして、コンサートの練習では気合を入れすぎないようにしました。
今日の夕方のミサで歌う曲の中には、初めて歌う曲があるので、その練習のためにエネルギーを残しておかなければ!と思っていました。

スポンサーリンク

カトリック聖歌「せいなるからだ」とグレゴリオ聖歌

さて、初めて歌うその曲はカトリック聖歌集の「せいなるからだ」と言う歌。ちらりと楽譜は見たものの、栞を挟んでそのまんま、本当に「見ただけ」です😅
忙しいと、ついつい練習不足のままミサに行ってしまうのは、毎回の反省ポイントです💦

今日も、コンサートの練習を終えて所属教会へ行くと、先に来ていたSさんが「せいなるからだ」を練習していました。

……ん?さっき歌った”Pange Lingua Gloriosi”に似てる

と思いました。

どちらも聖体賛歌なので、カトリック聖歌集の「せいなるからだ」がグレゴリオ聖歌の”Pange lingua”の旋律を残して作ったのかもしれません。

そんなことを思っていると、歌っていたSさん「これ、歌ってるとラテン語の”Tantum ergo”になっちゃうよー」と。
“Tantum ergo”は”Pange Lingua Gloriosi”の5節目と同じです。

ですよねぇ、なんて言いながら私も練習に加わったのですが、さっきまでコンサートの練習で”Pange Lingua Gloriosi”を歌っていたので、どうにも”Pange Lingua Gloriosi”の旋律になってしまいそうになります。

もう、楽譜に釘付けで集中するしかありません💦

ミサでは何とか歌えた気がしますが、ベテランメンバーがいたおかげかと😅

こちらが、明日のコンサートで歌うグレゴリオ聖歌 “Pange Lingua Gloriosi” です。

“Pange Lingua Gloriosi” — Tantum Ergo Sacramentum (Gregorian chant)

肝心のカトリック聖歌集の「せいなるからだ」の動画はみつからず……。
こちらのフランシスコ会のサイトにカトリック聖歌集の練習用音源があります。

聖歌を覚えるために作られたものなので、コンピュータの合成音ですが、カトリック聖歌集の日本語聖歌はすべてあります。楽譜を見ながら耳コピーするのにとても便利で、私のお気に入りです✨

リハーサルはほどほどに?

明日のコンサートでは、オルガン演奏と一緒に”Pange Lingua Gloriosi”を含め、6曲歌います。私は、まだまだ怪しい箇所がいくつかあるので、みんなの足を引っ張らないようにしなきゃ💦なんて思います。

けれど、素敵な教会で歌えるのは、とても楽しみです✨
去年も同じ教会で聖霊降臨の曲を歌って、とても楽しかったです。前日の練習で気合を入れすぎて、その後のミサでは撃沈しましたが……😅

今日は答唱詩篇の先唱当番ではなかったので、いくらか気楽でしたが、この事件(?)以来、先唱当番の時はミサ前の練習では、喉の具合をよーく見て調整するようになりました。

素人に1本毛が生えた(生えてもいないかも?)レベルの私は、まだまだ無理な発声をしていたりするので、ちょっと気合を入れすぎると後で高音部が出づらくなることがあります。
以前よりも、いくらかマシになりましたが、まだまだと言う感じ。ちょっとづつでも成長していけたらいいなぁ、と思います。

明日もリハーサルで気合を入れすぎて、本番で「高音部が出づらい!」なんてことにならないようにしなきゃ、です。

スポンサーリンク