カトリック 答唱詩篇〜高音が出なくて焦る〜

本

今日は、午後から明日のコンサートのリハーサルがあり、その後、土曜日の夕ミサで答唱詩篇の先唱を歌うことになっていました。今日の答唱詩篇は、ちょっと音が高めなので喉を温存しておかねば……、なんて思っていました。ここ最近、高い音程がちょっと出しづらいのです。
喉が緊張すると言うか、締まっていると言うか、そんな感じです。
リハーサルやミサ前の練習では、調整したつもりだったのですが、ミサで歌う曲の中に初めて歌う曲があって、必死になってしまったようです😰
今日の答唱詩篇は、かなーり苦しい状態になってしまいました。

声が出なくて撃沈した詩篇

詩篇の一番高い音は、1オクターブ上の「レ」で、普段なら楽に出る音なのですが、今日はそれが全く思うように出せませんでした。無理やり出そうとするので喉には逆効果、きっと喉にはかなり負担がかかっていたと思います。
まるで1オクターブ上の「ソ」より高いを出すような感覚で、声がかすれてしまいました。歌いながら「あぁ、まるで出ない……😱」と思いつつ、せめて丁寧に歌おうと頑張りましたが、申し訳ないくらい苦しい声になってしまいました。

アレルヤ唱は問題なく歌えたのが、せめてもの救い💦

ミサが終わった後、神父様に「今日はどうしちゃったの?大丈夫?」なんて言われてしまいました。「祝日だから昇るように歌って欲しかったんだけど、昇れなかったねぇ〜。ハッハッハッ!」なんて、キッツイ冗談まで言われてしまいました😅

神父様が心配になるくらい、苦しい声だったのね……。聖歌隊の仲間からも「喉、大丈夫?」と言われる始末……。
「ごまかしきれてないかしら?」と思っていた私はがっくり。
何だか、今日は申し訳ない気持ちでいっぱいです😣

今夜は喉をしっかり休めて、明日に備えようと思います。

高音が出ない時の対処法?

今日のように、歌い始めてから「あぁ、まずい、声が出ない」となると、喉や上半身の力を抜くようにしたり、どうにかしようとするのですが、大抵、それは無駄な抵抗に終わってしまったりします。(訓練を積んだプロの歌手ならコントロールできるのだと思いますが)
私としては、歌いながらそんなことを考える余裕ができただけ、進歩、としたいところ……(ダメ?)

がっくりして家に帰った後に、思わずネットで発声について検索したりしてしまうのですが、そんな中で、ちょっと面白い動画を見つけました。

キングスカレッジ聖歌隊のビデオで、「高音が出ない時の対処方法」という内容のインタビューから始まります。美しい声で歌う4人の少年たち。歌っているのは”Miserere Mei”、最高音は2オクターブ上の「ド」(!)です。一番端っこの少年が、どうやらその高音が「まずい、出ない」と思ったようです。そうして取り出したのは黄色い風船、彼はそこから空気を吸い込み、歌い出すと……、

見事な高音!

……って風船の中に入っていたのはヘリウムガス?
エイプリルフールに作られたジョークビデオだそうです。

King’s College Choir announces major change

それにしても、ボーイソプラノって、ヘリウムガスを吸った声と案外馴染むのね、と思ってしまいました😅